【2022年版】仕送りなしの大学生でも一人暮らしは可能?

仕送りなしの大学生 勉強法

志望大学に合格したけど、家計の事情で仕送りなし人も多いのではないでしょうか。

入学金や授業料に引っ越し費用も合わせると、初期費用はかなりの出費になります。

ところが、2021年度から超お得な制度がスタートしました。

家計の事情で進学をあきらめかけていた人には、かなり耳寄りな情報です。

学費、家賃、家具・家電、生活費の順で、とっておきの節約法をご紹介します!

仕送りなし大学生の一人暮らしにかかる初期費用

学費の超お得な節約術

初年度の学費は国立大学か私立大学かで、大きな差があります。

入学金年間授業料施設設備費
国立大学282,000円535,800円学部により別途15万程度
公立大学282,000(382,000)円535,800円
私立大学(文系)250,000円1,085,000円20,000円
私立大学(理系)250,000円1,442,000円20,000円

公立大学と私立大学は令和4年度の関西圏の大学を例としました。

おおよそ、国立大学が初年度約81万円、公立大学が約93万円、と公立大学は県外出身者がやや割高です。

私立大学は文系が約120万円なのに対し、理系が約150万円かかります。

ちなみに、私立大学の歯学・医学になると、6年間で3,000万円くらいかかることもあります。

 

ため息が出そうな金額ですが、ここから節約術を2つご紹介します!

1つ目が、日本学生支援機構の奨学金です。

・給付型奨学金

以前は貸与型の奨学金しかありませんでしたが、2021年度から給付型奨学金がスタートしました。

  • 世帯年収が460万円以下が対象
  • 国公立・私立・専門学校・高専に入学予定者
  • 入学金・授業料の全額から1/3までを給付
  • 卒業後の返済は不要
  • 貸与型奨学金(1種・2種)と併用可能…など

これはかなり手厚い制度ですね。

一度審査に落ちても、毎年6月に所得情報が更新されるので、秋以降に再申請ができます。

詳しくは、給付奨学金(返済不要)をご確認ください。

・入学時特別増額貸与

4月は引っ越し等の費用もかかります。

預貯金が少ない場合、貸与型ですがこちらの制度をぜひ活用してください。

  • 日本政策金融公庫「国の教育ローン」を申し込んだが利用できなかった
  • 第1種・第2種と必ず併用
  • 入学前には給付されない
  • 10万円から50万円まで5種類を選択可能

まずは「国の教育ローン」からご検討してください。

世帯年収400万円までなら、受験料なども借入ができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

日本政策金融公庫

日本学生支援機構

ただし、貸与型奨学金は必ず返済しないといけません。

就職から5年以内、10年以内で結婚したいなど計画を考えて、借入金額を決めてください。

多くても300万円以内なら心理的負担は少ないかなと思います。

注意点はこの2点です。

  • 奨学金の滞納機関があると、住宅ローンなどに影響する
  • 返済猶予を申請せず滞納した場合、銀行口座を差し押さえられる

家賃のお得な節約術

というわけで、奨学金を活用しても、優雅な学生生活が送れるわけではありません。

学費の次に大きな出費が、家賃です。

ワンルームや1Kなど家賃は地域差がかなりあります。

首都圏月額6万円~10万円
関西月額4万~8万円
地方都市月額3万円~5万円

東京都内でも八王子など郊外になると、家賃4万円台を探すことは可能です。

賃貸契約を結ぶ際、家賃とは別に最初に家賃約5か月分の費用が掛かります。

仲介手数料不動産屋を介して契約したとき支払う紹介料。家賃1か月分くらい。
敷金・礼金敷金は退去時の部屋の修繕費などに使用。不要の場合は返金される。
礼金は大家さんに支払う金額。家賃1か月分くらい。
前家賃・前管理費契約した月に翌月分の家賃・共益費もあわせて支払います。月途中で契約した場合、家賃は日割りで計算されます。
鍵の交換費用鍵の種類によりますが、1万円~2万円くらい。
共益費廊下・エレベーター・外壁などの管理費用で、月額数千円。
火災保険料契約時に2年間の火災保険に加入します。
保証会社利用料契約時に連帯保証人を立てられない場合、保証会社を利用します。
家賃の半額から1か月分。

賃貸物件の広告では、敷金などが不要な物件もあります。

これは契約時に最低限かかる費用なので、節約は難しいです。

 

家賃を抑えたい場合、学生寮・学生会館がおすすめ!

1,学生会館(民間の学生寮)のメリット

  • 家具・家電が備え付け
  • 朝・夕の食事つき
  • 完全個室か2人部屋
  • 生活費・引っ越し費用は節約できる

入寮時に次のような費用がかかります。

入寮費契約時に支払う費用。4年契約で約24万円
保証金賃貸アパートの敷金に相当。約5万円
寮費月額6万円台が相場。朝夕の食事代が1日1,000円前後含まれることも。
各寮によって異なります。手厚いところは、月額10万円の場合も。
築年数が古い・相部屋などの場合は安いです。
管理費水道・光熱費などで月額1~1.5万円。
光熱費電気代、Wi-fiなど通信費で月額5,000円くらい。

進学先の地域によって、寮費は異なります。

首都圏は6万円台、大阪だと2万円台のところもあります。

 

2,大学が運営している学生寮

国公立大学が運営している学生寮は、首都圏でもかなり低価格です。

例:東京農工大学

檜寮(男女)月額4万円+水道光熱費
欅寮(男子)・桜寮(女子)月額4万円(水道光熱費込み)
楓寮(女子)月額7,400円+水道光熱費

例:東京都立大学

使用料:4,700円+水道光熱費:6,000円

ただし、2年間限定です!

学生寮は人気が高いので、お早めに応募してください。

家具・家電のお得な節約術

学生寮では最低限の家具・家電がついていますが、賃貸では一式そろえる必要が出てきます。

家具・家電・布団カーテン等もかなりの費用になります。

冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・掃除機
炊飯器・等
5万円~8万円
ベッド・テーブル・マット・4万~5万円
布団一式、カーテン1~2万円
ノートパソコン5万円

 

フリマサイト・リサイクルショップでお値打ち品を探すのも、なかなか大変ですよね。

そこでおすすめが家具家電のサブスクです。

月額400円~1,000円程度で借りられますし、粗大ゴミや引越費用の心配もいりません



生活費の節約術

最後に毎月の生活費をご紹介します。

僕が大阪で生活していたときは、家賃別で毎月5万円あれば貯金ができました。

おおよそ、つぎのような費用がかかります。

インターネット回線5,000円
光熱費4,000円~6,000円
食費2万円
交通費8,000円
書籍・娯楽・交際費0~5,000円
日用品等2,000円

僕は毎月2回ほど帰省していたので、交通費が若干多めでした。

またゼミ・サークルの先輩と親しくなると、教科書をもらったり、食事をおごってもらったり、優良なバイトを紹介してもらったり、などメリットがたくさんあります。

アルバイトは学業とのバランスを考えて、週10時間以内がベストです。

学生が多いバイト先だと、実習・実験・テスト期間などシフトを調整してもらいやすいです。

 

またこの一人暮らしを始めた機会に、家計簿をつけてみてはいかがでしょうか。

家計簿アプリはマネーフォワードMEが、無料版で使用可能です。

銀行口座と紐づけできて、何にいくらお金を使ったか簡単に可視化できます。

僕も1年以上使用しています。

iPhone版はこちら

android版はこちら

なお社会に出て、絶対必要になる能力はこの3つと言われています。

  • 英語
  • プログラミング
  • 簿記・会計

お金について考える機会が増えるので、FP(ファイナンシャルプランナー)3級・簿記3級の資格取得を目指してもいいのではないでしょうか。

初月無料で日商簿記3,2、経理の仕事に役立つ150以上の動画が学べるサイト【Accountant’s library】

タイトルとURLをコピーしました