英検®記事一覧

英検各級の勉強法とライティングに関する記事の一覧です。

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

 

スポンサーリンク
英検

英検®2級ライティングの練習問題(理由の書き方)

英検2級のライティングで特に悩むのは、理由が思いつかない、ことですよね。そこで理由の書き方にも、チート級のテンプレートがあります。ライティングがぜんぜんできない人のために、最低限のテンプレートを練習する目的で作っています。
英検

英検®2級面接で思いつかないときの裏ワザ

英検2級二次試験の面接で、あるトピックについて自分の意見を質問されます。賛成/反対のあと、理由を2文答えないといけません。この理由がどうしても思いつかないときがありますよね。そこで、英検2級の面接で理由が思いつかないときの裏ワザ的なテクニックを紹介します。
英検

英検®2級面接で使える表現

3級・準2級までの面接と比べて、英検2級の面接では2文以上の英文で答えるなど、やや難しくなります。対策を怠ると、質問が聞き取れなかったり、答えが思いつかなかったりしてしまいます。4つの質問とその答え方について、使える表現を紹介します。
英検

英検®準2級ライティングの使える表現と練習問題

英検準2級のライティングにも、決まり文句やテンプレートがあれば書きやすいのに、感じていませんか。このページでは、50語~60語の英作文で使える表現と練習問題をまとめています。
英検

英検®2級ライティングの使える表現と練習問題

英検2級のライティングは80語~100語の英作文をします。とはいえ、80語以上の英作文が思いつかない人は、多いのではないでしょうか。このページでは、英検2級のライティングについて、つぎの3つのことを紹介します。英検2級ライティングの特徴,ライティングで使える表現,ライティングの練習問題
英検

【2022年】英検®3級の合格点にとどく勉強法

英検3級を受験するにあたって、最新の合格点がいくらか気になりますよね。英検3級を受けるのが初めて、という人にとっては過去問を解くとき目標になります。英検の4技能それぞれの合格点とそれに向けての勉強法について解説します。
英検

【2022年】英検®3級うけた中学生の合格率と勉強法!

英検3級は、高校受験に有利なことから、チャレンジする中学生が多いです。内容は中学卒業程度なので、中1・中2にはハードルが高く、中3もギリギリの印象ですよね。英検3級の試験内容と中学生の合格率をふまえて、何から始めるのか勉強法を解説します。
英検

英検®準2級ライティングで思いつかない人必見!50語以上書く方法

英検準2級のライティングでは、50~60語の自由英作文が課されます。しかし、理由の2つ目が思いつかず、30語、40語までしか書けない人も多いのではないでしょうか。そこで、ライティングで50語以上書く方法を教えます。
英検

英検®3級ライティングのテンプレートと練習問題

英検3級を初めて受ける人にとって、ライティングは何を書いたらいいのか、困っているのではないでしょうか。ライティングは決まった型(テンプレート)に当てはめるだけで、合格点にとどくことができます。このページではごく簡単に小学生でも使える表現とあわせて、練習問題も紹介します。
英検

英検®3級を一夜漬けで合格できるレベルは?

英検3級は一夜漬けで合格できる、という噂がSNS界隈でつぶやかれています。たしかに過去問を2回分解いただけで、英検3級に合格できた中学生もいるようです。一夜漬けでも合格できるレベルと、そのレベルにない人への最後の悪あがき術をまとめてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました