【中学生】読書感想文ギリギリばれない?コピペ例文

読書感想文コピペ法 読書感想文

夏休み多くの中学生が面倒くさいと感じているのが、読書感想文ではないでしょうか。

原稿用紙に5枚なんて書くことないし、本を選んで読むのもしんどいし、なんて思っているはず。

そこで先生にギリギリ怒られないコピペ術を紹介します!

読書感想文のコピペ術

100%バレるコピペ

コピペとはコピーアンドペースト、つまり他人の書いた記事をまるパクリすることです。

先生は日々、中学生のお粗末な作文を何百何千枚と読んでいます。

日本語の体をなしていない、誤字脱字だらけ、漢字がまともに使えていない文章は、慣れっこです。

ですから、難し漢字を多用した流麗な文体を見れば、一発でバレるでしょう。

よくあるコピペがこちら!

  • 本の末にある解説を丸写し
  • ネットにある受賞作品
  • 老舗のコピペサイトの記事 etc.

先生も間違ってコピペ作文を全国コンクールに出さないよう、copycontentsdetectorで調べています。

4000文字まで何度も無料で使えるので、底辺ブロガーもご用達サイトです。

ちなみに、ギリギリ合格ラインは一致率50%以下のよう。

ブロガーは、生活のためgoogleさんに怒られない程度に記事を魔改造しています。

中学生のみなさんが、そんなニッチな職人芸にムダな労力を使わなくてもいいです。

ギリギリばれない書き出し

そんなわけで、本を1ミリ、1文字も読まずに原稿用紙5枚を埋めるのは不可能です。

でも、挿絵のない文字だけの本を100ページ以上読む、なんてしんどいよね。

おすすめは短編です!

  • 芥川龍之介「杜子春」「鼻」「桃太郎」
  • 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
  • 梶井基次郎「檸檬」「桜の樹の下には」
  • 中島敦「山月記」
  • 有島武郎「一房の葡萄」
  • MOガイ「K山J得」

以上は、青空文庫でタダで読めます。

30分か1時間以内で読めるものばかりです。

たとえば「K山J得」を選んだとしましょう。

「仏教って何だろう、と僕も興味を持ったことがあります。
詳しいことは知りませんが、禅の呼吸法を習ったら、メンタルが少し安定するのかな、と思ったことがありました。でも、うちのお仏壇は真言宗で、僕はときどき般若心経を唱えることはあっても、信心深いわけではありません。
きっと熱心な信者なんて、大人でもそんなにいないと思います。サメ軟骨成分やグルコサミンという言葉をテレビで耳にタコができるくらい聞いていますが、僕もひざに効く理由を説明できません。でもサメ軟骨成分という言葉が、なんとなく効きそうな雰囲気だけ持っています。
サメ軟骨レベルの意味不明なものをありがたがると、どういう恥をかくのか。O guyはそんなつまらない人間を懲らしめたいと思ったのでしょう。この価値観の大逆転が面白いので、「K山J得」の感想を書きたいと思いました。」

こんな感じで「書き出し」の346文字、書いてみました。

まあまあふざけた文章なので、これをコピペしないでくださいね。

ネットに転がっているテンプレートは、これよりひどいものなので、先生も簡単に見つけます。

『天気の子』をまるパクリすると、主人公の閭という役人と同じ失敗をしますよ。

「書き出し」ではこの本を選んだ理由を書きますが、正直に自分の思ったことを書きましょう。

「僕は今サッカーをやっているから」
「私は今吹奏楽をやっているから」

など、今の自分の関心に合わせて、本を選ぶと「書き出し」が楽になりますよね。

興味・関心にあわせた本選び

青空文庫にある本は、作者が亡くなって50年以上経った古い作品ばかりです。

時代背景が今と違いますし、漢字や言葉も難しいので、読んでも特に感想が浮かばないかもしれません。

「K山J得」も1回読んだだけでは意味不明です。

今の自分にとって興味がある本を選んでみましょう。

部活系

  • 野球が好き

あさのあつこ『バッテリー (角川つばさ文庫)

  • 吹奏楽が好き

中沢けい『楽隊のうさぎ (新潮文庫)

部活系の小説はたくさんあります。

自分の入っている部活をテーマにした作品なら、読書も作文も苦痛が少ないはずです。

不登校・いじめ系

  • 優等生キャラを守りたい?

 

僕のおすすめは、小野不由美『月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)』『月の影 影の海 (下) 十二国記 1 (新潮文庫)』です。

ミステリーとファンタジーは、読書感想文に向かないとよく言われます。

本書はまさに少女向けファンタジーなのに、すすめる理由は1つしかありません。

中学生・高校生が共感しやすいテーマの物語だからです。

よくある生ぬる~い異世界転生ものと思いきや、情け容赦ない超ハードモード

ヒロイン陽子には誰の助けもないばかりか、異世界の官憲から命を狙われ、必死で逃げる羽目に。

しかも偶然出会った人には裏切られ、現世の同級生や先生は陽子がいないのをいいことに勝手なことを言い出す始末です。

剣1本をたよりに次々と襲う妖魔と戦い続け、心身ともにボロボロになってゆきます。

不登校やいじめを経験した人、優等生に見られたい病の人には、かなり辛いかもしれません。

しかし極限まで疲労した陽子に、ある者が救いの手を差し伸べ、陽子自身も変わってゆきます。

陽子の成長をどう読むかが、最高に面白いポイントの1つになるはずです!

本書は上下2巻と長いですが、イラストもあるし読みやすい文体なのでサクッと読めてしまうでしょう。

作文の構成

読書感想文の構成は、ざっくり次のような感じです。

  1. 書き出し:この本を選んだ理由を書く
  2. 話の要約:あらすじをまとめる
  3. 自分の感想:自分の生活に置き換えて、思ったことを書く。
  4. まとめ

1,2は2枚以内で収まるほうがいいでしょう。
メインは3の自分の感想で、2枚以上書くことになります。

主人公に共感できるか、あるいは共感できないか、自分のことと振り返って書きます。

しかしいきなり書き出すとかなり序盤でスタミナ切れしていまうことも。

本を読んでいるとき、ネタにしたいシーンを3つから5つほどピックアップしましょう

本にふせんを貼って、すぐに読み返せるようにしておくと便利です。

結論

先生にギリギリ怒られない読書感想文の書き方を説明しました。

中学生が思っている以上に、先生はネットでチェックしています。

たぶんこのクソ詐欺サイトも見ているでしょう。

僕の思う、簡単な書き方は次の通り!

  • 自分の興味ある短めの話を選ぶ
  • 自分が共感しやすい内容の話を選ぶ
  • 読むときはふせんを貼って、ネタにしたいところを3~5選ぶ
  • 自分が正直に思ったことを書く
  • 3~5のシーンを取り上げてまとめる

この5つのポイントをおさえたら、コピペなんかよりも楽に読書感想文が書けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました