英検

スポンサーリンク
英検

英検®2級面接で使える表現

3級・準2級までの面接と比べて、英検2級の面接では2文以上の英文で答えるなど、やや難しくなります。対策を怠ると、質問が聞き取れなかったり、答えが思いつかなかったりしてしまいます。4つの質問とその答え方について、使える表現を紹介します。
英検

英検®準2級ライティングの決まり文句を解答例で解説

英検準2級ライティングの、決まり文句を一通り紹介します。この決まり文句さえ覚えたら、書いたことない人でも50~60語の英作文が書けてしまいます。
英検

英検®2級ライティングに使える表現とテンプレート

英検2級のライティングは80~100語の英作文に加え、2024年度6月から50語程度の要約問題が出題されます。ライティングに使える表現リストやテンプレート(解答例の型)を見て、練習にお使いください。何を書いたらいいか思いつかない人は、まずは書き方のテンプレートどおりに書く練習をすることがおすすめです。
英語

英検®3級の裏ワザ!チート級の勉強法

英検3級を受験するにあたって、最新の合格点がいくらか気になりますよね。英検3級を受けるのが初めて、という人にとっては過去問を解くとき目標になります。英検の4技能それぞれの合格点とそれに向けての勉強法について解説します。
英検

英検®準2級ライティングで思いつかない人必見!50語以上書く方法

英検準2級のライティングでは、50~60語の自由英作文が課されます。しかし、理由の2つ目が思いつかず、30語、40語までしか書けない人も多いのではないでしょうか。そこで、ライティングで50語以上書く方法を教えます。
英検

英検®3級ライティングの予想問題と解答例

2024年度の新試験に対応した、ライティング練習問題を掲載しています。英検3級のライティング(英作文)は得点の1/3を占めるなので、必ず書けるようにしたいところ。予想問題集は無料のプリントとして使うことができます。
英語

英検®3級を一夜漬けで合格できるレベルは?

英検3級は一夜漬けで合格できる、という噂がSNS界隈でつぶやかれています。たしかに過去問を2回分解いただけで、英検3級に合格できた中学生もいるようです。一夜漬けでも合格できるレベルと、そのレベルにない人への最後の悪あがき術をまとめてみました。
英語

英検®3級中2で合格にかかる勉強時間

中学2年生で英検3級の受験を考えている人も多くいるのではないでしょうか。余裕をもってらくらく合格するには、勉強時間を多めにとったほうがいいですよね。具体的な学習内容に加えて、3級合格レベルに必要な勉強時間はどのくらいか、見ていきましょう。
英検

英検®2級ライティングで思いつかない時のテクニック

英検2級のライティングは、英語が得意ではない人には難しく感じるかもしれません。準2級のライティングは50語から60語まででしたが、2級では80語から100語に増えます。自分の意見と理由の1つ目までは書けても、2つ目の理由が思いつかないなんてことも。ライティングで理由が思いつかない時に使えるテクニックを紹介したいと思います。
英語

英検®準2級に中学生でも1ヶ月で受かる裏ワザ

英検準2級のレベルは、高校中程度と言われています。準2級の受験者9割は中学生・高校生なのですが、中学生でも合格する人もいます。そこで、中学生でも英検準2級に合格できる裏ワザについて説明します。
スポンサーリンク