英検®準2級ライティングで思いつかない人必見!50語以上書く方法

英検準2級ライティング思いつかない 英検

英検準2級のライティングでは、50~60語の自由英作文が課されます。

一次試験で得点の3分の1を占めて、決して小さくありません。

しかし、理由の2つ目が思いつかず、30語、40語までしか書けない人も多いのではないでしょうか。

そこで、ライティングで50語以上書く方法を教えます。

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

英検®準2級ライティングの書き方

ライティングの配点

準2級のライティングは、4つの観点について0~4点で採点されます。
合計は16点ですが、英検独自のCSEスコアに改められ、600点満点となります。
4つの観点は以下のとおり。

  1. 内容:課題で求められている内容が含まれているか
  2. 構成:英文の構成や流れがわかりやすく、論理的か
  3. 語彙:単語・熟語を正しく使えているか
  4. 文法:文の構造、バリエーションが正しく使われているか

という感じです。

「内容」について、課題と全く関係ない内容を書くと、0点と採点されることがあります。
たとえ英文が思いつかなくても、全然関係ない内容で50語を埋るのはやめましょう。

「構成」については、次のテンプレートを紹介するので、それに従えば失点しません。

「語彙」「文法」の注意事項も説明しますので、最後まで読んでください。

ライティングのテンプレート

回答のテンプレートは、

  1. I think that ~.(Noの場合は、I do not think that ~.)
  2. I have two reasons.(60語を超えるときは書かなくてよい)
  3. First, ~. For instance, ~.
  4. Second, ~. For example, ~.
  5. That is why I think ~.

という感じです。

これだけじゃあ、よくわからないので、例題を挙げます。

Question
Do you think more foreigners will visit Japan in the future?(2020年度第2回実用英語技能検定準2級)

これで第1文は、「I think that more foreigners will visit Japan in the future.」と書くでしょう。
もちろん、問題ありません。

しかし、最後の文で「That is why I think that more foreigners will visit Japan in the future.」と書くと、減点です。

同じ文句を2回以上使っているからです。

少しだけ工夫をして、言いかえた表現を書きます。

「That is why I want more and more foreigners to come to Japan.」など、書き方を変えましょう。

 

言い換え方

I think that~例:I hope that~, I want 人 to do~, I would like 人 to do ~.
visit Japan例:come to Japan,  come over to Japan, come and stay in~,

come to Japan for sightseeing

will例:are visiting~,  are going to visit ~

ライティングでは、このような別の表現で言い換えるパターンをいくつも知っておくことが大事です。

理由2つが書けるチート級のネタ

次に考えるのは、理由2つの部分です。

理由がなかなか思いつかない人は、次のネタが書きやすいです。

  • 便利
  • お金
  • 時間
  • 健康
  • 環境

これは意見が賛成・反対どちらのパターンにも応用ができます。

例えばー

・賛成

日本の鉄道は便利
温泉は健康によい

・反対

日本旅行は費用がかかる
ゴミのルールが複雑で不便

 

賛成と反対、どちらが書きやすい理由を思いつくか、日本語でメモをします。

今自分が理由を英語で書きやすいほうを優先して、賛成と反対を決めてください。

難しい表現の多用は、自信がないかぎりおすすめしません。

中学2年生でも書ける簡単な単語・文法をなるべく使いましょう。

理由で使える英語表現

日本語でたくさん理由を書き出せたら、自分の力で英語にできそうなものを選びましょう。

テクニックとしては、次の英文が書きやすいです。

  • They ( We ) can ~.
  • Doing costs / saves a lot of money.
  • Doing takes a lot of time.
  • Doing is useful for them.
  • Doing is good / bad for ~.
  • It is useful for them ( us ) to do ~.

主語は動名詞のDoing (~すること)がおすすめ。

英文1つで3~4語しか書けない人も、これらのテンプレで10語前後の英文が書けるようになります。

it is を1度使ったら、理由2は主語doing を使う、という感じでバリエーションも増やしましょう。

 

これらを組み合わせて、次のように書くことができます。

First, traveling to Japan doesn’t cost a lot of money.
They can take very good services anywhere in Japan.
Second, It is useful for them to take buses, trains, and planes.
They are able to travel by train from Kagoshima to Hokkaido.

1回・2回の練習では、きれいな英文は書けないと思います。

自分が書いた英文は、正しいかどうか学校や塾の先生に必ずチェックしてもらってください。

英作文の添削には、こちらがおすすめです。

解答例

こんな感じで、僕の解答例を書いてみました。

賛成の場合

I think that more foreigners will visit Japan in the future.
First, these days many people gets to like Japanese food.
For example, ramen is popular among people all over the world.
Second, there are many traditional buildings in Japan.
Kyoto has many temples and shrines.
So, I think that they can have a good time in Japan.

反対の場合

I do not think that more foreigners will visit Japan in the future.
First, most Japanese people cannot speak English.
If foreigners are in trouble during their trip, most of them cannot communicate with local people.
Second, Traveling in Japan costs them a lot of money.
That is why I do not think that they will come to Japan.

「be in trouble 」で、困っている、という意味もあります。
もっと簡単に「get lost」道に迷うを使ってもいいでしょう。

結論にあたる文は、「that is why」のほかに、「so, therefore」があります。
文字数を調整するテクニックのひとつです。

減点されないコツ

よくありがちな文法ミスは次の4つです。

  • 名詞の単数と複数
  • 三人称のs
  • 時制の現在・過去がバラバラ
  • 主語がyou, I, they, we と一貫性がない

とくに、語数を稼げない人は、名詞に a や the が付いていなかったり、名詞・代名詞が何を指しているのかあいまいになったりしがちです。

Doing や to do を主語にするときは、三人称単数のs を忘れも多くなります。

自分の作文が書けたら、必ず読み返してチェックしましょう。

 

まとめ

英検準2級のライティングで、理由が思いつかない人は次のことを練習してください。

  • 日本語でたくさん理由を書き出す
  • 1つの日本語を3~4パターンの英語で置き換える
  • 合っているかどうか、先生に必ず聞く

この練習を何回かするうちに、ライティングができるようになります。

当日までノー勉なんてことは止めて、じっくり自分の英語力をみがいていきましょう。

このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

 

 

準2級合格の裏ワザは、こちらです。

タイトルとURLをコピーしました