2級

スポンサーリンク
英検

【2022年】英検®2級の一発合格できる裏ワザ勉強法

英検2級を受けたいけど、何から始めるのかわからない人向けに勉強法を紹介します。初めての人も裏ワザ的な勉強法で一発合格したいですよね。そこで、最短合格のための勉強法と最低限必要な問題集を説明します。
英語

【2022年】英検®の高い受験料を割安にする方法

公式が2022年度から英検の受験料(検定料)値下げを発表しましたが、まだ高いと感じますよね。学校・塾などの準会場で受験した場合、本会場より検定料が最大2,600円お得になることが知られています。しかし、準会場の検定料をさらに割安にできる方法があります。
英検

英検®2級ライティングの練習問題(理由の書き方)

英検2級のライティングで特に悩むのは、理由が思いつかない、ことですよね。そこで理由の書き方にも、チート級のテンプレートがあります。ライティングがぜんぜんできない人のために、最低限のテンプレートを練習する目的で作っています。
英検

英検®2級面接で思いつかないときの裏ワザ

英検2級二次試験の面接で、あるトピックについて自分の意見を質問されます。賛成/反対のあと、理由を2文答えないといけません。この理由がどうしても思いつかないときがありますよね。そこで、英検2級の面接で理由が思いつかないときの裏ワザ的なテクニックを紹介します。
英検

英検®2級面接で使える表現

3級・準2級までの面接と比べて、英検2級の面接では2文以上の英文で答えるなど、やや難しくなります。対策を怠ると、質問が聞き取れなかったり、答えが思いつかなかったりしてしまいます。4つの質問とその答え方について、使える表現を紹介します。
英検

英検®2級ライティングの使える表現と練習問題

英検2級のライティングは80語~100語の英作文をします。とはいえ、80語以上の英作文が思いつかない人は、多いのではないでしょうか。このページでは、英検2級のライティングについて、つぎの3つのことを紹介します。英検2級ライティングの特徴,ライティングで使える表現,ライティングの練習問題
英検

英検®2級ライティングで思いつかない時のテクニック

英検2級のライティングは、英語が得意ではない人には難しく感じるかもしれません。準2級のライティングは50語から60語まででしたが、2級では80語から100語に増えます。自分の意見と理由の1つ目までは書けても、2つ目の理由が思いつかないなんてことも。ライティングで理由が思いつかない時に使えるテクニックを紹介したいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました